無添加化粧品を選ぶコツ

基準がない無添加化粧品

お肌に優しい化粧品と言えば「無添加化粧品」や「オーガニックコスメ」です。しかしこういった化学成分が含まれていないスキンケア商品は本当に安全で安心なのでしょうか?残念ながら今の日本に無添加化粧品の基準などが定められていません。
つまり、「無添加化粧品」「オーガニックコスメ」の考えはメーカーによってそれぞれ異なっています。しかし2001年に化粧品の成分表示が義務付けられたので私たち消費者は一体何が「無添加」「オーガニック」なのか選別することができるのです。

どうやって見極める?

成分表示には色々な化学物質の名前が並んでいることがありますが、上から順番に多く使っている成分が書いてあります。しかしあまり馴染みのない成分の名前で正直言って見てもよく分からない、という方がほとんどではないでしょうか。
いくつか成分をあげてみると「タール系色素」「パラフィン」「ウロカニン酸エチル」「パラベン」などの成分は発がん性があると言われています。ほかにも「オキシベンゾン」「オルトフェノール」などは環境ホルモンの疑いがある成分です。
少し調べただけでもこれだけ成分が出てくるので気になる方は是非チェックしてみて下さいね。成分表を見るだけでなく、メーカーのホームページ等もチェックしてみると細かく使われている成分等の紹介がされていることもあるので確認してみる必要がありそうですね。せっかくオーガニックコスメを使うのでしたら本当に無添加の化粧品を使うようにしましょう。




Copyright (C) 2012-2015 オーガニックコスメおすすめ委員会 All Rights Reserved.